2006年11月15日

楽しんでいる姿を見せる事

そろそろ、前回のエントリ(キッカケは何でしたか?)の津波も収まっただろうと思うので、
思った事を少々書こうかと…
(お〜い…津波で振り切れたPVグラフよ…かえってきてくれ〜…)

自分の書いた記事を紹介してくださったサイトさん達の
コメント・感想などなどを読んでいて思ったことを名言風に表現すると
「人やサイトに歴史あり」っといった所でしょうか。
(名言になってない…)

至極当たり前な話で申し訳ないのですけど、自分が思ったのはそんな所です。






キッカケには、その歴史が始まる直前のその人の初心に近いものがあると思う。
楽しいと思った…あるいは面白そうと思った、その原点に近いものがある。

そして、そのキッカケの連鎖が今のWebの世界…ネットの世界を構築しているんだと自分は思う。

あのサイトさんが無かったら、あのサイトさんは存在しなかったかもしれない。
あのサイトさんや、このサイトが存在しなければ
自分のこのブログは存在しなかったかもしれない。
そう思うと、自分もこうして好き勝手にサイトをやってる姿を見せるだけでも
何かがキッカケになる人もいるかもしれない…と。


楽しんでいる姿を見せる事…


その姿を見て、面白そうと思うこと。
楽しそうにしてる人を見ると、つい自分もつられて興味を持ってしまうように、
そんな姿を自分も見せる事で、誰かがこの世界に興味を持ってくれるかもしれない。

それが今の自分の世界をより広げる事になるんだと思う。

素晴らしい新規サイトさん達が出現するというのは、
その姿を見せ続けた結果だと思うのです。

キッカケの連鎖が無くなった時が、その世界の縮小の始まり。

別に無理して楽しい雰囲気を出す必要は無いと思います。
今のままのサイトのあり方でいいと思います。
無理をする事と、楽しい姿を見せる事は違いますから。

でも、誰かに「面白そう」っと思ってもらえるくらいに…
それを伝播させれるくらいに
自分の楽しんでいる姿をココで表現できたら、
きっと自分を取り巻くネットの世界が、もっと面白いモノになるだろうなと…




自分の「キッカケは何でしたか?」のエントリ内容とは、
やや別の方向性の話になってしまったけど、
それぞれにキッカケを語るサイトさん達を見て、自分はそんな事を思いました。
posted by Pit at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27552701
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。