2007年07月07日

「気力」と「余裕」

自分がおもしろいと思える様な記事が無い時は
「じゃぁ自分が何か書くか!!」
っといった感じで、更新の穴埋め的に記事を繰り出す時がある。
書く内容は、前々から書こうと思ってた題材であったり、
その場で思いついた題材あったり…

そのどっちがよく受けがイイとか…
自分の場合そんな傾向は全く無いのだけど。

ただ、時々自分の書いた文章すら「おもしろい」と思えないことがある。




「おもしろい」と思うのは、
その時の自分の精神状態に依存することもある。
気分がカラッポの時は、何を見てもツマラナイし
気力が充実している時は、何を見たって楽しい。
何をやってもツマラナイ時は気力が無くなっている証拠だろう。
楽しくあるためには、気力の充実が必要だ。


ただ、気力ばかりがあっても上手くいかないこともある。

自分というダムが枯れる時」でも書いたように
更新はインプットとアウトプットの偏りとも関係する。

そう思うと、「気力」と「余裕」の充実が、
実はネットを長く楽しむ必要条件なんじゃないだろうか…とか。




毎日持続し、ネタが尽きず、
且つ膨大な読者のプレッシャーに負けない大きなサイトは
絶妙なバランスどころの話でなく、とてもレベルが高いんだなぁと
そのレベルの高さを羨ましく思う。

せめて毎日が楽しくいられるだけのレベルがほしいと…
時々自分は、モチベーションを失う自分を奮い立たせている。
posted by Pit at 13:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47012559
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。