2008年02月02日

大詰め…

修論もいよいよ大詰め…

来週に査読提出があり2月中旬に発表があるんですが、
それまでは今の調子が続きそうです。
更新が不定期ってレベルじゃないですね(汗
なんで、時々「F1カテゴ」を更新する具合になるかと思います。
「記事カテゴ」を更新できてなくて残念。(あの更新にはパワーが必要なんです…)

今は結構地味〜に辛いんですが、質の悪さは感じないんで、良い具合に頑張れてます。
辛さを何とか「乗り切る」というより「乗り越える」感じに近いかな。
地獄から何とか這い出す感じじゃなくて、頂上目指して乗り越えようとしてる感じ。

出た成果に対して、自信を持って行きたいと思う。

でも辛いのはヤダー!! アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノ アッヒャッヒャ!
posted by Pit at 22:43 | Comment(4) | TrackBack(1) | 日記みたいな… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>でも辛いのはヤダー!!
同感です。なぜ文章を書くためにこれほどの準備をしなければならないんだろうと思います。
しかし、それだけの準備があってこそ、論文が成り立つとも言えるわけで…。(一部例外があるがそれらは放置)

全て終わったときには精一杯笑いたいものです。
アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノ アッヒャッヒャ!
Posted by 浅田幸一 at 2008年02月04日 22:24
何故かコメントを読んで癒されてしまいましたwww

>でも辛いのはヤダー!!
辛くても気力は充実してる自分はまだまだ状況は良いもんで,
もっと修羅場というか,地獄を見ている友人をみると…
もう言葉もないですね.
声を掛けるのが怖くもありますし…

>全て終わったときには精一杯笑いたいものです。
そんな今を笑い飛ばせる明日を信じて,今日をとりあえず頑張りましょう!!

アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノ アッヒャッヒャ!
Posted by Pit at 2008年02月05日 22:15
いやはや、私も卒論でつらい思いをしています。
序盤〜中盤は楽をしすぎたからですが。(笑)

しかしながら、課題は違えど共通する部分もあるはず。
Pitさん、やるだけやって下さい。私もやってみます。

P.S.
トラックバック打ちましたです。
Posted by 浅田幸一 at 2008年02月06日 14:12
一応,研究は年間を通しての積み重ねて来てはいるんで,成果はある程度出てるんですけど…
ただ,自分の研究は分野的に最後の最後まで追い込みが効いてしまうんで,ギリギリまで研究が続くのがツラいです.

プログラムと睨めっこしながら,論文書いてppt準備して…

>Pitさん、やるだけやって下さい。私もやってみます。
「あきらめる」なんていう選択肢,ないですよね!!
ならば突き進むだけ!!
問題は,どれだけの距離を進むか.

お互い,最後まで歩みを止めずにやりぬきましょ!!
Posted by Pit at 2008年02月07日 23:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Dangerous Literature Part-2
Excerpt: Pitさん、ありがとうございます。わずかながらも励みになります。 今は結構地味〜に辛いんですが、質の悪さは感じないんで、良い具合に頑張れてます。 辛さを何とか「乗り切る」というより「乗り越える」感じ..
Weblog: Nonfiction Story 〜School days and yet ...〜
Tracked: 2008-02-06 07:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。